リペアクラフト日記

リペア受注に関しまして

4/12より再開とアナウンスをしておりましたが、お問い合わせをいただいておりましたお客様に関しましてはご対応させていただきます。
今後はしばらくの間、弊社を一度でもご利用いただいたお客様かご紹介をいただいたお客様のみのご対応とさせていただきます。

自社製品のinfiniteのバックオーダーの量や、昨今のコロナウイルス対策などの観点からも、
通常のリペア作業以上の時間がかかってしまうことから、判断させていただきました。
通常時に戻せるよう各方面で設備投資や仕組みづくりを行っています。

大変ご迷惑をおかけいたしますが、ハイエンドミュージックのリペア受付は当面の間、ご新規さまをお断りさせていただき、

ご利用いただいたことがあるお客さまおよびご紹介いただいたお客さまに限定させていただきます。

通常通りできるようになりましたらアナウンスさせていただきます。

ハカランダドレッドノートタイプの大改修

どこかの個人制作家の方が作られたギターでしょう。

なかなか厳しいコンディションでしたが、オーナー様との打ち合わせで以下の内容で大改修しました。

image

お預かりした段階でボディトップの塗装を剥いだ状態でした。

トップはソリッドのエナメルブラック、ウレタン塗装です。

フラットトップのトップ塗装はブリッジを剥がして作業するため手間がかかります。

image

元のネックはばが40mmを切るほど細くなっていて、サドル側は比較的広く弦間がとられていたため、弦落ちが発生していました。

これはなかなか手こずりました。
まずはマホガニー部分のネック側に角材を作ってネック幅を広げ、指板と同材のエボニーの角材で指板の幅を広げました。

まぁ、文書にするとわかりにくいですが、大変な作業だったということです。
通常はこの手の場合はネックを作り直したいところですが、費用面からコストを抑えて出来る方法をご提案させていただきました。

接木しているため、ネック裏はバーストをかけてサテンフィニッシュ。
image

最終ネック幅は44mm強まで広げることができました。
弦落ちはもちろんなく、フレットも打ち変えていますので、しっかりと発音してくれるようになりました。

なかなか手強い内容でしたが、なんとかまとまりました。

▲ページの先頭へ戻る

この記事にコメントを残す

リペア・修理に関するお問い合わせはコチラ

ページの先頭へ戻る