リペアクラフト日記

新型コロナウイルス対策に伴う営業のお知らせ

‪1.ご来店時のご対応は原則店内ではなくガレージスペース(屋外)での打ち合わせ、楽器の引き渡しとさせていただきます。
2.お客様同士の接触を避ける観点からご来店時は必ずご予約ください、また勝手申し上げますがお時間をきめていただき、時間通りにご来店くださいませ。
3.外出自粛要請のいわゆる3密に乗っ取った方法での営業になりますことをご理解くださいませ。
4.今後も市場や状況を見ながら随時変更となる可能性がありますことをご理解くださいませ。
5.今後店頭でのリペアをストップし、全て郵送対応になる可能性もございます。その場合は片道送料を弊社が負担する形で検討しております。

PRS Custom24 フレット交換一式

ポールリードスミス、カスタム24のフレット交換一式です。

image

よく使い込まれた一本で、数回すり合わせをしてきた個体で、フレットも低くなってきており、演奏面の向上のためフレットを交換します。

今回は写真のようにサイドエッジの塗装が経年劣化により剥離、割れが出ています。
こちらも同一料金内にて補修実施しています。
image
image

いつものように作業します。

フレット抜き
指板修正、今回は2回です
フレット打ち
サイドカット
このタイミングでサイド塗装のリタッチ処理
ナット作成、PRSは基本ブラックタスクで作成しています
すり合わせ
リファイリング
サイドエッジ処理
全体セットアップ

全体セットアップの際に1弦の異音に気付きました。
原因を探るとサドルの磨耗により、溝が深く入ったことにより、ミュート掛かった音になっていました。

少し研磨で削り干渉しないようにしてから6弦サドルとローテーションしてバランスをとりました。

今回はボリュームポットにガリがあったため、別途交換しました。

image
image
サイドエッジの塗装も割れを止め、手触りも滑らかに仕上げています。
image
アーミングでの安定も確認して作業完了です。

フレット周りの作業はここまで一式で作業して27000円です。

▲ページの先頭へ戻る

この記事にコメントを残す

リペア・修理に関するお問い合わせはコチラ

ページの先頭へ戻る