リペアクラフト日記

リペア受注に関しまして

4/12より再開とアナウンスをしておりましたが、お問い合わせをいただいておりましたお客様に関しましてはご対応させていただきます。
今後はしばらくの間、弊社を一度でもご利用いただいたお客様かご紹介をいただいたお客様のみのご対応とさせていただきます。

自社製品のinfiniteのバックオーダーの量や、昨今のコロナウイルス対策などの観点からも、
通常のリペア作業以上の時間がかかってしまうことから、判断させていただきました。
通常時に戻せるよう各方面で設備投資や仕組みづくりを行っています。

大変ご迷惑をおかけいたしますが、ハイエンドミュージックのリペア受付は当面の間、ご新規さまをお断りさせていただき、

ご利用いただいたことがあるお客さまおよびご紹介いただいたお客さまに限定させていただきます。

通常通りできるようになりましたらアナウンスさせていただきます。

2021/4/10 土曜日

公開日:2021/04/10

Hello world !

本日は皆様ご存じだとは思いますが

サウンドメッセやってません

中止でございます

去年に続き

中止です

サウンドメッセで出す予定の

ギター達が

寂しそうな目でこちらを見ております

なので

先日

撮影会をいたしました

全くきれいに撮れていないのですが

今後の糧にしたいと思いますが

普段気にならない汚れが

すごい気になります

そうこうしていると

帰りの時間も大幅に過ぎていきます

時間を切り取る写真ですが

切り取るためには

莫大な時間が消費されているんですね

すべての人に平和と健康が平等に感じれますように

こんな機械があれば

公開日:2021/03/26

画像とはあまり関係なくもない気もするのですが

木材をぽいっと入れると

かってに立方体に製材してくれる

機械が欲しいと思うのです

画像の木材は

本体を削りだしたときなどに出る端材を

くっつけて削り出しているのですが

それの端材も

なんとか再利用できないかと

再利用するために加工が必要なのですが

時間とお金がかかってしまうので

そこを

解決したい

楽器は衣食住の外側にあるものなので

突き詰めると

無駄なもの

自然破壊をなくすなら

かなり早めに

なくなる職種

なので

無駄の上にさらに無駄を積み重ねるのは

できる限り避けたい道のりです

新作ギターの憂慮と展望

公開日:2021/03/22

おはようございます

桜も見ごろなのか

枯れはじめなのか

春になってきたかなぁと思いますが

まだ少し肌寒いです

新作ギター

といっても見どころはヘッド

本体は新作じゃない

憂慮の原因としては

ペグがつかない

形がかっこよくない

没世界

等々

そして未来の展望は

今のところ

皆無というわけで

この木材の再利用方法をいう所を

考えていきたいです

リレーのバトンにつかう

山登りの杖

縄跳びの縄がわり

観光地の顔ハメ看板(Wikiに載ってる名称)

炊き出しのお玉

ゴルフのクラブ

湯かき棒

枚挙にいとまがないとはこのことですが

しっかりネックに作り直させていただきます

それっぽい

公開日:2021/03/15

よくできたように思います

質の話ではないですが

もっとしょぼい感じになるかと思ったのですが

それっぽい店に

それっぽく並べて

それっぽい顔で

それっぽくお勧めすれば

それっぽいお客様が

それっぽく買い込んでくれるのかと

それっぽい僕は

それっぽく思うのだ

ギターを作るうえで

残りカスのように

端材がどんどん出てきてしまう

スイカの皮よりも

多くできる

どうすればいいのか

考えた

そう

もちろん

それっぽく考えた

結果

それっぽい小物入れだ

ほぼ日の商品名でありそうな

それっぽい小物入れ

ほぼ日を意識したわけではない

そもそもそれっぽくない

じゃあ何っぽいのか

・・・・

それっぽい

ホロホロホロ

公開日:2021/03/14

春の萌しが見え始めて

山登りに行こうかと思うこの頃ですが

もうすぐサウンドメッセ

昨年はネット配信によるバーチャルサウンドメッセと銘打って

やってましたが

今年は

今のところ

やりまっせ

と、意気込んでいます

大阪のコロナ人数がウナギ昇らなければ

4/10、4/11 ATCホールで

HPはこちら

毎度ですがHPほとんど更新しておりません笑

コロナの所為もあるのでしょうが

・・・・・・

ギターショウですが他の楽器も少しあります

前はなぜかゴルフ関係もありました

ハイエンドミュージックは一昨年とほとんど同じ場所で構えております

入り口(たくさんありますが)からすーっといって

来るっと向けばあります

ちなみに

関係ないですがホロウボディーです

TRAD ST

公開日:2021/03/05

Trad ST 3S

です

スペック紹介のための画像ではなく

今後しっかり商品をとっていこうかという

練習画像です

いたるところに突っ込み要素がありますが

これがよくなって行く事を

願いましての投稿です

今後も増やしていこうとは思います

アルマイト

公開日:2021/03/04

ピックガード

アルミです

アノダイズといいますが

日本ではアルマイトという方がメジャーなようですが

ピックガードはアノダイズという言葉を使っています

同じものなようですが

サーモウッドとローストウッドは違うものだと思います

ミカルタとマイカルタは同じものだと思います

アノダイズはメッキとは少し違うようですが

大きく違うところとしては

金属に浸透するかしないか

なのかなぁと思いましたが

間違っていれば教えてほしいです

ピックガードでアノダイズはゴールドが多いのですが

色は他にも選べたりするのです

何色があるか?

それは秘密です。

new neck

公開日:2021/02/25

image0

といっても
新機構とか
革新的なタイプとかそう意味ではなく

新しく作るラインナップ用に
出来たネックどもです

名前はまだねぇー

片方は
ネックエンドが
ピックアップまで伸びていないのが
特徴的です
ショートスケールなのです

もう片方はフルサイズのスケールでして

世界規模で言うなら
髪の毛ほどの違いもない程度のスケール差です

重要な差です

これが旅立つのは

まだ
先のお話です

ハットハット卿でした

切削風景

公開日:2021/02/13

image0

CNCの切削風景です
といっても
近すぎるのと
動画でもないので
わかりづらいです

何を掘っているかなんて
わかりませんが
何の木材かはわかるのでしょうか?
私にはわかりません

ここ数年
いろんな方々がお亡くなりになっております
一度拝聴しておきたかったと
後悔だけが押し寄せてくるのです
演奏にせよ講義にせよ
行きたいと思えば
行くべきだと
能々思います

いつの時代も最先端でいたであろう
チックコリア

今の時代ライブに行くこと自体が難しい
ですが
その時代にあわせた
方法があるかと思われますので
なんとか音楽業界も
生き延びてほしいものです

という事で
JAM
でした
image1

(八一式)エハ号

公開日:2021/02/09

試作image2

こうはちと読みます
社長の名前から八を取り
八工房というところから
工八号です

見た目です

リペア・修理に関するお問い合わせはコチラ

ページの先頭へ戻る