リペアクラフト日記


ピッキング

公開日:2022/09/23

ドリルでピッキングをする人がいます

此方のピッキングは

金属のじゃらじゃらしたもので

ボディー裏をピッキングしている画像です

曰く

「できるだけ新品に仕上げられてギターでやると

良い音がでる」

レリックピッキングという名前です

塗装した人の顔を想像しながら

ピッキングするのがコツだということです

自動ラタマキュでした

Trad T type Aventura(イ反)

公開日:2022/04/18

見たまんまですが

PG、エスカッションは木製です

これがどうなるかは未定ですが

見つけたらタイトル通りの名前であるかを

確認してみてください。

木材

公開日:2022/02/24

くびれのきつい木材が届きました

なにやらやんごとなき社の

木材も入っているようです

故事由来伝説

昏き価値であります

そういう所が人間を感じてしまう部分でもあるのですが・・

どうせなら

大江山の木材とか

殺生石にあてられた木材

黒塚の木

もちもちの木

みたいなのが私は好きです

きな臭いを振りきりたい

真っ先に何が

公開日:2022/02/13

この画像を見て何を思い浮かべるでしょう

・・・

〇〇見たいといってスタッフがおりますが

連想すること自体はトレースできるのですが

そもそも〇〇の人たちはなぜそれをしだしたのか

という?が生まれました

何でもやればいいもんでもないですが

ギターのデザインにしても

柔軟に考えていきたいです

閑話休題

真空で木材を圧縮して接着しています

とりあえずいろいろ躓いてるんですが

加圧にしても減圧にしても

非常に難しい

すぐ抜ける空気とやる気

減圧の場合は抜けるのではなくて

入るのですが

やる気は抜けます

真空状態での

ボンドの接着時間なども気になる所です

空気がないことで乾きが早いのか

遅いのか

とりあえず多めに時間をとることで

対処というか逃げています

しかしポリ袋と一括りにしてしまっていますが

種類が多すぎて

しかも詳しく書いていない袋もあるので

難儀します

空気の透過率が違うので

高いものより低いものを選びたいのですが

わからないものがあるのと

そもそも他の原因も考えれるわけです

気づけば空気が透過しています

自転車のチューブとかが望ましい

実際の色

公開日:2022/01/31

写真と実際の色身が違う

なんてことはよくあります

おなじiPhoneの画像でさえ違って見えますから

なにをいわんかやですが

まぁこの画像の色身は好きだなぁと

言いたいだけで

その色身は皆様の見ているものとは違うかもしれない

いう事です

多分

窒素の量が違うせいでしょうね

あけましておめでとうございます

公開日:2022/01/06

2022年

本年もよろしくお願いいたします

年末に撮りましたギター達です

年の瀬

公開日:2021/12/21

お久しぶりです

師走がやってきました

もう半分もない

という事で

どすこい目が痛くなる岐阜

スペック?

気になる所ですが

ホロウとだけ記載しておきます

はじめてのギフ

正鵠にはジフみたいですが

なんとかビライズドウッドの製作途中のやつです

自分の携帯でgifが作れることが分かったので

やってみました

泡の手話手話感

もといシュワシュワ感が伝わってほしいです

ダダンダンダダン

ちなみにもともと

これくらい液入ってたのですが

木材にシュワシュワ吸収され

減っていくので

気化してるわけではありません

これでスタなんとかウッドの出来上がりです(もすこしやることありますが)

出来上がりは次かぃ・・・WEBで

わかりづらいですが

公開日:2021/09/30

いい感じの目が出ております

当たり前ですが

好きな人にはたまらなく

嫌いな人にもたまらない

一品

端材を何とかしないとと思っていますので

せっせとノブでも作っていこうかと思います

最近のスマホは写真がきれいに見えますが

接写や暗所などはやはり難しいです

パソコンで見るとさらに顕著になってしまいますが

便利さは3馬身は離れてのTOPだと思います

スタビライズ

公開日:2021/09/23

塗装にも見えますが

中まで色が染みわたっています

なのでこの状態で紙やすりをかけても

色は取れません

木材です

どんなギターに合うのか

ノブに合うギターを作るとか

本末転倒ですが

転んでも気にしません

次は赤色でも作ろうかな

リペア・修理に関するお問い合わせはコチラ

ページの先頭へ戻る