リペアクラフト日記

リペア受注に関しまして

4/12より再開とアナウンスをしておりましたが、お問い合わせをいただいておりましたお客様に関しましてはご対応させていただきます。
今後はしばらくの間、弊社を一度でもご利用いただいたお客様かご紹介をいただいたお客様のみのご対応とさせていただきます。

自社製品のinfiniteのバックオーダーの量や、昨今のコロナウイルス対策などの観点からも、
通常のリペア作業以上の時間がかかってしまうことから、判断させていただきました。
通常時に戻せるよう各方面で設備投資や仕組みづくりを行っています。

大変ご迷惑をおかけいたしますが、ハイエンドミュージックのリペア受付は当面の間、ご新規さまをお断りさせていただき、

ご利用いただいたことがあるお客さまおよびご紹介いただいたお客さまに限定させていただきます。

通常通りできるようになりましたらアナウンスさせていただきます。

Tokai teleモデル リフレット、ブラスナット

公開日:2015/04/28

年季の入ったトーカイのテレキャスモデル。
色々と試行錯誤していた時代の物、スペックもなかなか鋭い一本でした。

image

写真はフレット交換およびナット交換を終えたものです。

今回はオーナー様のご意向でブラスナットでの作成。
(通常のナット料金プラス3000円にて実施しています)

サドルとブリッジプレートもブラス製のもので、ローエンドが太い太い。

ボディは国産ギターでよく使われていたセンで、アッシュに比べるとやや癖が弱く、レンジも広いかな?といったところ。

そこにブラス製のブリッジプレート、サドルのスペック、おまけにラウンド指板。

どう考えても気合入ったスペックです。

ネックの強度も十分にあり、ブラスから伝わる振動もきっちりネックが受け止めていました。

まぁ、ジャパンビンテージと言われるものの中には、それはちょっと、、、

と言うものも多々ありますが、トーカイのギターは軒並みいい物が多いなぁと改めて思いました。

▲ページの先頭へ戻る

この記事にコメントを残す

リペア・修理に関するお問い合わせはコチラ

ページの先頭へ戻る