リペアクラフト日記

リペア受注に関しまして

4/12より再開とアナウンスをしておりましたが、お問い合わせをいただいておりましたお客様に関しましてはご対応させていただきます。
今後はしばらくの間、弊社を一度でもご利用いただいたお客様かご紹介をいただいたお客様のみのご対応とさせていただきます。

自社製品のinfiniteのバックオーダーの量や、昨今のコロナウイルス対策などの観点からも、
通常のリペア作業以上の時間がかかってしまうことから、判断させていただきました。
通常時に戻せるよう各方面で設備投資や仕組みづくりを行っています。

大変ご迷惑をおかけいたしますが、ハイエンドミュージックのリペア受付は当面の間、ご新規さまをお断りさせていただき、

ご利用いただいたことがあるお客さまおよびご紹介いただいたお客さまに限定させていただきます。

通常通りできるようになりましたらアナウンスさせていただきます。

ボディ研磨、バフがけ(傷消し)

公開日:2015/04/29

ピッキングによる細かく小さな擦り傷でボディトップがくすんでいます。

この程度なら傷はほぼ目立たないレベルまで研磨することが可能です。

image

いきなりバフマシンを掛けても消すことは出来ませんので、2000-3000番のペーパーで処理します。

その後バフマシンにてしっかりと研磨。

image

塗膜の厚みにもよりますが、これはprsのギターで、比較的薄いウレタン塗装(フレンチポリ)ですが、傷も浅く、細かなものでしたので綺麗になりました。

▲ページの先頭へ戻る

この記事にコメントを残す

リペア・修理に関するお問い合わせはコチラ

ページの先頭へ戻る