リペアクラフト日記

リペア受注に関しまして

4/12より再開とアナウンスをしておりましたが、お問い合わせをいただいておりましたお客様に関しましてはご対応させていただきます。
今後はしばらくの間、弊社を一度でもご利用いただいたお客様かご紹介をいただいたお客様のみのご対応とさせていただきます。

自社製品のinfiniteのバックオーダーの量や、昨今のコロナウイルス対策などの観点からも、
通常のリペア作業以上の時間がかかってしまうことから、判断させていただきました。
通常時に戻せるよう各方面で設備投資や仕組みづくりを行っています。

大変ご迷惑をおかけいたしますが、ハイエンドミュージックのリペア受付は当面の間、ご新規さまをお断りさせていただき、

ご利用いただいたことがあるお客さまおよびご紹介いただいたお客さまに限定させていただきます。

通常通りできるようになりましたらアナウンスさせていただきます。

Parker ギターのフレット交換

公開日:2015/04/23

フレットが接着剤でついており、経年変化でポロっと取れてしまうことがよくあります。

そんなパーカーにフレットを打ち込む作業です。
image

このギターはプロギタリストの杉原英樹さんのギターで、これとは別で青のパーカーも作業させていただきました。

杉原英樹さん
http://s.ameblo.jp/sugiyan2009/

http://www.ne.jp/asahi/sugiyan/axeman/

全てのフレットを取り去り、フレット位置をマーキングします。
image

ここから溝を切って行きます。
溝を切る時には別途スケール位置を専用の定規で確認しながら、慎重に切り進めます。
image

溝切りした後は接着剤を取り除き打ち込みます。

ここからは他の作業と同じですね。

imageimage
最後にお店に来ていただいた時に写真撮らせていただきました。
image

▲ページの先頭へ戻る

この記事にコメントを残す

リペア・修理に関するお問い合わせはコチラ

ページの先頭へ戻る