リペアクラフト日記

スズキ製 ハミングバードタイプ ブリッジ再接着

公開日:2015/05/26

スズキ製のハミングバードタイプのアコギです。
写真のようにブリッジが浮いてきています。
image

このギターなかなか良く出来ています。
エントリーモデルのバイオリンを製造しているメーカーなので、コストを抑えてええものを作る技術が凄いですね。

アコギは経年変化や弦の貼りっぱなしでどうしてもブリッジが浮いたり、トップ浮きが出てしまいます。

今回は外して再接続をすることに。
あ、隙間からボンド流しても絶対に修理出来ませんので、ご注意を。

アイロンで熱を与えてスクレーパーではがして行きます。

その後ボディ及びブリッジの接着部分の接着剤を落とし、かるく足付けをして接着。
image
このstewmacのブリッジ用ジグですが、最初はいけてないなぁと思い、懐の深いクランプをたくさん使ってやってたのですが、ちょっとしたコツを掴んだらこれがなんだかんだでしっかりと接着出来ることが判明。

2日ほど乾燥させて各部調整して完了です。
image

▲ページの先頭へ戻る

この記事にコメントを残す

リペア・修理に関するお問い合わせはコチラ

ページの先頭へ戻る