リペアクラフト日記

新型コロナウイルス対策に伴う営業のお知らせ

‪1.ご来店時のご対応は原則店内ではなくガレージスペース(屋外)での打ち合わせ、楽器の引き渡しとさせていただきます。
2.お客様同士の接触を避ける観点からご来店時は必ずご予約ください、また勝手申し上げますがお時間をきめていただき、時間通りにご来店くださいませ。
3.外出自粛要請のいわゆる3密に乗っ取った方法での営業になりますことをご理解くださいませ。
4.今後も市場や状況を見ながら随時変更となる可能性がありますことをご理解くださいませ。
5.今後店頭でのリペアをストップし、全て郵送対応になる可能性もございます。その場合は片道送料を弊社が負担する形で検討しております。

Gibson ヒスコレ フレット交換

公開日:2015/05/22

ヒスコレのレスポールスタンダード、59バーストですね。
トップのトラが美しい。。。
image

もともとタバコバーストだったカラーをリフィニッシュでチェリーバーストにされたそうです。

フレイムがびっちり入っていて美しいですね。

作業はフレット交換一式。

すり合わせでもなんとかいける高さでしたが演奏性を考慮し、打ち合わせの末フレット交換させていただくことに。

51108サイズでリフレット、高さもしっかり出てギブソンによく馴染むサイズです。

image

このアングルに様式美を感じます。
とても良くなるギターでした。image

またこのギターは近年のギブソンには珍しい、ネック強度がかなり高く、その分バリッとしたサウンドでした。

ネックジグに乗せ作業する時に、ダイヤルゲージの数値でネックの反り具合がある程度数値化されますが、平均値の2/3ほどの数値でネックがテンションに負けず張っていることがわかります。

この辺もリペアしていて面白いところで、良くなる、いいトーンのギターには必ず他とは違う何かが潜んでいます。

▲ページの先頭へ戻る

この記事にコメントを残す

リペア・修理に関するお問い合わせはコチラ

ページの先頭へ戻る