リペアクラフト日記

Parker フレット打ち

公開日:2015/05/03

定期的にご依頼頂いてます、パーカーのフレット打ち。
年式でフレットが取れやすい、塗装トラブルがある、、、
と言ったことをよく聞きますが、、、
image

まぁ私の経験上ですが、年式はあんまり関係ないですね。

近年のものは確かに接着剤の種類が変わっていて、取れにくくなっているようですが、温度、湿度で劣化して取れることあるようです。

今までで一番ヘビーだったのは指板が剥がれたやつですね。

それはさておき、、、
image

結構たくさん取れてしまっています。
こうなるともうとても弾けないですね。

順序よく作業進めます。
image
結局、パーカーのリフレットで一番厄介なのはこの溝きりです。

カーボンはタングのスタッドが食いつくともう抜けません。
抜けることは抜けますが、かなりしっかり食い込むので傷ができてしまいます。

通常のギターのフレット交換でも基本1発できちっと打ち込みますが、場合によっては溝が緩かったりうまく入らないことがあるのでやり直ししますが、パーカーはそれができないのでこの溝きりが全てです。

あとは何時もの作業をして完了。

image

その他ブリッジスタッドも浮いてきていたので補修して完了。

数日様子を見て完了です。

▲ページの先頭へ戻る

この記事にコメントを残す

リペア・修理に関するお問い合わせはコチラ

ページの先頭へ戻る