リペアクラフト日記


スタビライズの続き

公開日:2021/06/03

スタビライズの焼成です

このオーブンは150℃から刻めるオーブンなので

ほっとくと温度が高くなりすぎます

なので温度計などぶち込んで(温度が出ない)

高くなりすぎたら止めたりします

そして低くなってきたら

スタートします

150℃くらいになってくると木材が焦げ始めるので

ようよう気を付けないと

大失敗になります

焦げたところには色が入らないイメージです

ローストウッドも試したことがあるのですが(スタビライズを)

全然入りませんでした

こんな感じです

入ってないところがあったり

難しいです

初めの乾燥が足らなかったのだろうと思っています

ただこれはこれで

作りこんでいけばいい具合になってきます

トマソン

公開日:2021/06/01

何のための作品だろう?

という公園などにあるオブジェなども

私はトマソンと呼んでおります

誰かがトマソンをこさえていました

「ゆくゆく

会社が大きくなって

庭など作れたら

このトマソンを

ジャングルジムとして作る

計画」

なんて考えながら作ったスタッフがいるようです

犯人探しが終わるまでこのトマソンは

このままです

ちなみにスマホスタンドです

ヘッド型スマホスタンド

久々のスタビライズ

公開日:2021/05/31

サボっていました

ちょっとやってみようかと思い

やっております

いろいろ専用の道具は高いので

ビンは梅干しつけるビンで

蓋は作成しました

真空もコンプレッサーでやってます

電源が通常100ボルトでできるので

やりやすい

ただ真空度は弱いので

失敗したときの言い訳になるのです

写真よりもう少し気圧は下がります

見えずらいですが

中身です

この後いろいろしますが

まだ途中なので写真はありません

続きはまた明日なのです

しかし

足がすごく小さく見える

流行りなのか?

公開日:2021/05/31

調べる気が起きないのですが

疑問がある

よく見るものです

こちらです

流行りに乗っかってみた気分なのですが

もしかしたら

理由があってやってるのかもしれないので

その理由からは外れているのかもしれません

ちなみに

この木材は端材を利用したものなのです

何に変身させようかは

迷い道

大きいサイズ

公開日:2021/05/20

今までより大きい小物入れ

小さくするのが面倒だったので

大きいものを作成してみました

端材で作っているのですが

これといって妙案が生まれてこないので

大きくしたり小さくした

貼り合わせたりしてバリエーションを増やしています

JMは大きさ比較です

といってもまだ製品化していないので

比較しづらいですが。

そして何もいなくなった

公開日:2021/05/17

せっせと拵える小物

そしてどこかに召喚されていき

以後その者たちの面影を見ることもなく

新しく作成せよとの依頼が舞い込むのである

基本的にギターを作ったときに出る端材どもを

使用して作成していますので

原材料はロハ

というのは些か虫の良い話ですが

捨てるのは慚愧に堪えないという事で

接着したり

形をそろえたり

引っ張ったり

しながら作成しております

引っ張るのは主に

人の足をという意味ですね

それすらも比喩なのですが

梅雨が始まりましたので

除湿器

全力です

エスカッション

公開日:2021/05/12

エスカッションと

キーホルダ?です

ヘッド形状で作成したキーホルダー

ユクユクはこれにいろんな機能を搭載していきたいという

願望だけあります

★☆NEW LINE UP ☆★

公開日:2021/05/04

今月の新商品は

ヘッド型食品 infinite on C です

販売する予定も

配布する予定も

ない

休憩中のスタッフの胃に消化される

infinite on Cです

無添加です

鉄工所で作成されましたが

なんと

鉄分もほとんど入っていません

金属がない分、音の温かみが感じられるとかなんとか

左は類似品です、くれぐれも間違えて食べてしまわないようお願いします。

味は主にimproです

Fullsize Trad ST

公開日:2021/04/20

今回はこちら

前回に引き続き

サウンドメッセの忘れ形見

大阪はこのまま緊急事態に突入するかと思われますので

サウンドメッセが中止になったのも致し方ないと思われますが

ギターはございます

打てば響くギター

弾けば響くギター

個人的には倉庫でトランスミュージックでも聞かせながら

おいておきたいです

ベース

公開日:2021/04/17

エレキベース

ベースギター等いう事がありますが

アルトギターやピッコロギターなどは聞いたことありません

がよくよく調べてみるとあるみたいです

ただ音程がどうのとか厳密に決まってる感じではなく

小さいからピッコロの名称を借りたように思えます

通常のギターもスケール違いがあるのですが

管楽器ほど音程に決まりもなく

そもそも自由に調弦できるので

アルト、ピッコロ、テナーなどのくくりは

おかしいのでしょう

ベースギター?

不思議に思えますが

なじむと特に何も思わなくなります

これも前回に続きサウンドメッセ予定のベースでした

8分音符をドゥンドゥン鳴らすのは好きではないのですが

聞いてるとかっこいいと思います

要は適材適所なら問題ないということでしょう

リペア・修理に関するお問い合わせはコチラ

ページの先頭へ戻る