リペアクラフト日記

gibson SG standard 90’sすり合わせ ペグ交換

公開日:2015/04/07

ぱっと見た感じ比較的綺麗な個体のSGでした。
とはいえ90年代の物ですでに製造から20年以上経過。

メンテナンスは特にされた形跡なし。

フレット周りはわずかな減りではあるが、ロッド調整でネックを調整しても、
10-17Fあたりにバズがある。

ねじれとまではいかないけれどもやはり経年変化で生じていることは間違いなさそう。

この年式ならフレットの高さはしっかりあるので、すり合わせで対処することにしました。

image

バッチリローアクションでバズがとれました。
12F 1弦1.1mm、6弦1.4mm

続いてペグ交換。

image
ビフォーは取り忘れですが、つまみ部分が無くなっていました。

クルーソンタイプの物でgibson deluxeの刻印があるタイプ。

せっかくなので同じ物を取り寄せて付け替えました。

ギブソン刻印のあるクルーソンタイプはブッシュ式のペグではなく、
グローバー同様にヘッドをナットで締め込むタイプ。

サウンド的にもグローバーなサウンドで見た目はクルーソン。

ビジュアル面での使い分けには案外いいかもですね。

▲ページの先頭へ戻る

この記事にコメントを残す

リペア・修理に関するお問い合わせはコチラ

ページの先頭へ戻る