リペアクラフト日記

Yamaha Takanaka モデル フレット交換

公開日:2015/07/26

マニアにはたまらない、ヤマハの高中氏モデルです。

このギターなんだかんだでよく調整で触ってます。

image

すり合わせで低くなっていたため、フレット交換。

その際にロッドの効きが怪しく、原因を探ると、まぁこれは設計ミスってやつですね。

そもそもトラスロッドは鉄心を埋め込み、片側を止め、反対側をねじ切りし、ナットを締め込むことで鉄心を湾曲させ、弦の張力により反ったネックを反対方向の力で戻すものです。

ゆえに、片側は固定されてますが反対側のナット部分はあるいみ半固定。

そこの固定方法が甘い、もしくは設計上固定し切れないと当然ロッドの効きは甘くなります。

今回は設計上の部分でしたので、少し手を加えて金属のプレートをナットの下に噛ませて固定。

これでなんとか通常通りロッドが効いてくれました。

そこからは何時もの作業です。

image

当たり前ですが、作業着手の時に各部点検してから作業しています。

私の場合はほぼ必ず指板修正をしますので、またテンションを掛けた状態で作業するため、全ての作業前にネック状態を詳しく調べてから作業しています。

▲ページの先頭へ戻る

この記事にコメントを残す

リペア・修理に関するお問い合わせはコチラ

ページの先頭へ戻る