リペアクラフト日記

CADで指板を作ってみました

公開日:2018/02/23

こんばんわ

制作担当の山村です!

ストラトのボディ制作が終わり、次はネック制作に入っていきました

指板をCADで1から形やCAMの入力を考えたのですが、フラット(平ら)な面からラディアス(曲面)のかかった面にするにはどうしたらいいのかで躓き、ずっと答えが出ず、色々な方法で試しました
しかしどんな方法で作っても思ったような形にならなくて…
そこで現れたのがCADの先輩大倉氏
躓いてた所をどうしたらいいか教えてもらい理解できました
( ´_`)「俺、これに辿り着くのに半年かかったで」
ふぇぇぇってなりました…
数をこなしてナンボなんだと思いました(¯―¯)

18-02-23-20-05-36-753_deco

もっと色んなタイプのも作っていきたいです(^^)

色付けされたその後

公開日:2018/02/23

色付けされた後はバフの作業へと行くのですが
#3000で手磨きをかけた直後が
331B173A-CE3B-4733-8FD3-0062CEEFCD6A
っとこんな感じで曇ってる?傷がまだ見える状態なのですが
バフをひたすら当て続けると傷は細かくなり
2D40036D-D579-4679-AB58-B09FBDBF6126
テカテカのトゥルトゥルのピッカピカの仕上がりに
はい かっこいいですね

GIBSON レスポール リフレット

公開日:2018/02/23

担当 甲斐。

GIBSON レスポール リフレット。

すり合わせまで作業が進んでいます!

次の工程はフレットサイドを丸く形成します。A2D6FB44-1971-490C-9A42-2E25F092442D

これはなんでしょうか?

公開日:2018/02/21

56B5D0BA-3DF2-4A32-B67B-8C56642B0B7B

ネックの裏側に何か見えますねー。
なんでしょうか?

たぶん木の幹でしょうねー

☻☻☻☻☻☻
パイシツです。

美観

公開日:2018/02/21

7E2E2EB2-D46D-4C22-991D-3D39467590FB
前に生地調整したモデルが
気がつけば
AB0FF1D3-08BE-4C4C-BA8F-7B9EE353D1BC
印象がガラッと
かっこよく渋い感じに色付けされてました

はい かっこいいですね

GIBSON SG リフレット

公開日:2018/02/20

担当 甲斐。

GIBSON SG の指板修正をいたしました!

次の工程はフレットの打ち込みです。CBCF7B61-2122-43AC-AD98-F6376B821CE0

一人で挑戦!

公開日:2018/02/20

こんばんわ

制作担当の山村です!

今日はかの有名な(?)大倉氏が欠勤のため、私一人でCAMとCNCルーターをなんとか走らせました(๑•̀ㅂ•́)و✧
失敗しても頼れない状況の中、少し掘りすぎてしまった所も一旦落ち着いて修正し、順調に進めれました!

18-02-20-19-33-31-940_deco

もっと上達したいです(^^)

表と裏

公開日:2018/02/19

こんばんわ

制作担当の山村です!

今日はストラトボディの裏をCNCルーターで掘りました!

18-02-19-14-37-55-739_deco

表と裏の掘った位置を合わせないと少しでもズレれば今までの作業がパーです
しかし臆病になって作業ペースが遅くなってはいけません
慎重かつ大胆に、、
簡単なようで難しいです(๑´•ω•`๑)

mdfボードの買い付け

公開日:2018/02/19

日曜日

色々あって
ホームセンターに
mdfボードを買いに行きました

だいたい15mmのボードを買うのですが
30mmを買うこともあります。
ただ30mmは注文しないとダメなのと
注文も電話じゃ無理なので
二回行かないとダメなので不便なのです。

今回は15mmのサイズを買います。
ビバホームという大きめのホームセンターで
京セラドームの横にあります

18時くらいに着いたのですが
近くに行くと
人がわんさか
わんさか
わんさか
しかも
ドームから出て行く人々
なんかのイベント終わりでしょうか?
入り口から車が入れない笑

警備員がいるので
途中で止めに入るのですが
信号もないので
もしいなければ
絶対入れません。

mdfの大きなサイズはそこ以外置いてるとこ知らないので
行くしかないのですが

まぁそれ以外は問題なく
購入して
切断してもらい
ジグになるんです

ザグ
ジグ
ズグ
ゼグ
ゾグ

すとらと

公開日:2018/02/19

8A4872DD-32DD-4A20-A32C-E8B367CC28A3

新しいボディです。
どうしてもパソコン上じゃ分かりづらいので
だいぶん前に失敗した木材で
試し堀して
修正部分を
書き込みした物です。

このボディは
ゆくゆく
掛け時計となり
古時計となり
大きなのっぽの古時計になります

予定ですけど
あくまでも

リペア・修理に関するお問い合わせはコチラ

ページの先頭へ戻る