八田店主のリペア日記

EVH wolfgang custom fender フレット交換

公開日:2015/05/10

エディヴァンヘイレンの近年のモデルです。
そしてpeavy製ではなく今はフェンダー傘下での製作になっています。
image

過去にセットアップなどで何本か触ってますが、改めてよく作り込まれているギターだと思いました。

ディッシュインレイはギブソンを彷彿とさせますが、、、

スペックもレスポール同様のマホネックのセットネック、ボディはマホバックのメイプルトップ。

きっちりバインディングも入っており、フェンダー製のレスポールのような位置付けでしょうか。

フロイドローズのモデルが主流かと思いますが、このギターはtomのスペックでテールピースには70年ギブソンにたまーについていたファインチューナー付き。
image

スペックのこだわりも去ることながら、作り込みが本当にしっかりとなされています。

個人的な見解ですが、、、
近年のフェンダーは創業時の思考とは全く違う方向に行ってるかなと。

木工の精度も限りなく高くなり、細かな部分の作り込みは素晴らしいものがあります。

しかしながらビンテージのフェンダーはまぁ木工はすごくラフ。
でもしっかりと鳴るし今の楽器では再現は無理なのかなと。

それはさておき、現代の技術で現代のトーンを追求した結果の仕上がりでしょうか、素晴らしいと思います。

トーン的にはキブソンのトーンでもなくフェンダーのトーンでもなく、
今まで触ってきた経験からgiffinギターに通じるものがありますね。

太くて繊細なタッチに反応してくれます。

これは1本欲しい。。。

前置きは長くなりましたが、今回はフレット交換の作業です。

ここまで褒めていてなんですが、フレットの浮きがありすり合わせを何度かされていたようで高さも低くなっていたこともあり、ミディアムサイズのステンレスフレットに交換させていただきました。

image

もちろんナットも交換します。
image

しっかりと打ち込まれたフレットはサスティンも良く伸び、ステンレスフレットでも太いサウンドになります。

余談ですが、マホガニーの木目にフェンダーのロゴがなんかカッコいい。
image

▲ページの先頭へ戻る

この記事にコメントを残す

リペア・修理に関するお問い合わせはコチラ

ページの先頭へ戻る