リペアクラフト日記

リペア受注ストップのお知らせ

リペアご依頼が多く、また現在のコロナウイルによる状況を鑑み、緊急事態宣言が解除されるまでの期間受注を停止させていただきます。
宣言解除後に再開させていただきますので、メールやお電話でのご予約は承っております。何卒よろしくお願いいたします。

BFTSのチューニング方法

公開日:2015/03/30

ピーターソンやその他専用のチューナーを用いて行うのがベターですが、通常のチューナーやご自身の耳で合わせることも可能です。

チューナーを使ってあわせる場合
基本的にすべてEの音にあわせます。

1弦E音 開放弦を合わせます。
2弦B音 5Fを押さえてあわせます。
3弦G音 9Fを押さえてあわせます。
4弦D音 14Fを押さえてあわせます。
5弦A音 7Fを押さえてあわせます。
6弦E音 12Fを押さえてあわせます。

チューナーの耳で合わせる場合も同様に1弦の開放を何かの基準音に合わせてから同様にあわせていきます。

BFTSのロジックでは開放弦での音程を最大2セントずらしています。
人間の耳では3セントまでのずれはほとんど聞き分けることは不可能です。
(厳密にはオクターブの関係で低音側がプラス3セントになると音楽をしている人は聞き分けられます)

詳しく知りたい方は個別に聞いてください。

▲ページの先頭へ戻る

この記事にコメントを残す

リペア・修理に関するお問い合わせはコチラ

ページの先頭へ戻る