リペアクラフト日記

作業場の片付き具合

公開日:2018/02/11

HM(ハイエンドミュージック)を知っている方なら
店と作業場がどれくらいの大きさかはある程度知っているかと思われますが
現在
あの空間に最大5人で作業しております
もちろん工具諸々もあるので
かなりの密集度で
その都度レイアウトを変更したりします。
事故などにも細心の注意を穿ち
なお
使いやすさなども配慮しながら
考えますが
全然
難しいのです
一人が使いやすくても
他の四人が使いづらければ意味がないですし
なんとま大変です
基本的にCNC付近は私のテリトリーで
アツイと言えば問答無用で魂を抜き取ります

最近
このケース
5C45BB52-6403-435B-AB51-15FF916EB7A9

使ってます
磁石で張り付くケース
ちょっとだけ
スチームパンクを彷彿とする気がします
スチームパンク系のギター面白そうかなと
今おもったのですが
いざ音にすると
どうなんでしょー
サウンドイメージは
というか
リターントゥフォーエバーとか
なんか近い気がするんですよねー
あとはなんでしょ
ピアソラのフュージョンテイストな曲とかですかね
アルゼンチンタンゴなどレトロな感じもいいと思うんですが
なんか
も少しな気がします。
ギター?
エレキ?
でも形だけゆえば
エレキギターが一番スチームパンクになりうると思います。
だいぶんそれましたが
ケースは非常に便利です。
100均なんで、蓋が心許ないですが
どんどんスチームパンクしていきます。
次は集塵機のホースを全て鉄パイプにしてしまいます。

▲ページの先頭へ戻る

この記事にコメントを残す

リペア・修理に関するお問い合わせはコチラ

ページの先頭へ戻る