リペアクラフト日記

新型コロナウイルス対策に伴う営業のお知らせ

‪1.ご来店時のご対応は原則店内ではなくガレージスペース(屋外)での打ち合わせ、楽器の引き渡しとさせていただきます。
2.お客様同士の接触を避ける観点からご来店時は必ずご予約ください、また勝手申し上げますがお時間をきめていただき、時間通りにご来店くださいませ。
3.外出自粛要請のいわゆる3密に乗っ取った方法での営業になりますことをご理解くださいませ。
4.今後も市場や状況を見ながら随時変更となる可能性がありますことをご理解くださいませ。
5.今後店頭でのリペアをストップし、全て郵送対応になる可能性もございます。その場合は片道送料を弊社が負担する形で検討しております。

Tom Anderson Hollow T リフィニッシュ

公開日:2015/08/30

Tom AndersonのHollow Tのリフィニッシュです。

今回はオーナー様と相談し、ラッカーでのリフィニッシュです。

image

階段からケースに入った状態で落とされてしまったとのことで、かなり大きな凹みや割れ、ネックなどにも打痕も多数ありました。

凹み部分は可能な限りスチームを使い復元、それでも足りない部分はサンディングと塗料で目立ちにくく作業させていただきました。

また塗装もトムアンダーソンはご存知の通りウレタンですが、今回は経年変化及びサウンド面も視野に入れ、ラッカーで作業させていただきました。

仕上がって組み込み、調整してみてびっくりでした。

バリッとしたテレのサウンドで、ホローボディも合間って、オーナー様もアコギのよう、とのおことばをいただきました。

塗装は一長一短でどちらが良いとは言えませんが、サウンドに与える影響は大きなものがあります。

ネックもラッカーでフィニッシュしました。
imageimage

▲ページの先頭へ戻る

この記事にコメントを残す

リペア・修理に関するお問い合わせはコチラ

ページの先頭へ戻る