八田店主のリペア日記

Gibson Lespaul std ネック折れ修理

公開日:2015/05/05

ギブソンやセットネックギターではメジャートラブルです。
倒してしまうと高確率で折れてしまいます。
image

今回は折れてしまってから長い間ケースで眠っていたようです。

ネック折れは折れてすぐですと接着のみで強度が取れることがありますが、時間が経つにつれて水分や汚れが付着し接着のみでは対応出来なくなることもしばしば。

今回は例に漏れず補強が必要となります。

まずはパーツを外し接着を行います。
image

接着がでしましたら次は補強のための形成です。

広い面積をとり強度を高める為、自作のガイドを使ってトリマーで削ります。

それに合わせてマホガニー(ホンマホ使ってます)のあて木を作成。

このあて木はしっかりとフィットするように時間をかけて作成します。
image

次はボンドをつけてしっかりとクランプし、あて木をくっつけます。

その後小刀とヤスリで形成し塗装をして完了です。

imageimageimage

補強を入れる場合は見た目も重要ですが、柾目のかつ強度が取れる材を優先したいため、潰しの色をバーストにして仕上げております。

丸一日2音ほどチューニングをあげてキープし強度を確認して作業完了です。

▲ページの先頭へ戻る

この記事にコメントを残す

リペア・修理に関するお問い合わせはコチラ

ページの先頭へ戻る